扶養控除とは|扶養控除についてわかりやすく解説

子供や親を養っている場合、扶養控除を受けられる可能性があります。こちらのページでは扶養控除についてご説明します。なお、16歳未満の子供は扶養控除の対象外です。扶養対象が16歳以上ではないと適用されませんのでご注意ください。

1.扶養控除とは

扶養親族がいる場合、一定の金額の所得控除を受けることができます。扶養控除の対象者は配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等以内の姻族)、都道府県知事から養育を委託された児童、市町村長から養護を委託された老人のいずれかです。扶養控除を受けるには次の3つの要件を全て満たす必要があります。

・納税者と生計を一にしていること
・年間の合計所得金額が48万円以下であること
・青色申告者の事業専従者や白色申告者の事業専従者でないこと

1-1.扶養控除の金額

扶養控除の金額は扶養親族の年齢や同居の有無によって異なります。

扶養親族の年齢 同居の有無 控除額
16歳以上 38万円
19歳以上~23歳未満 63万円
70歳以上 同居していない 48万円
同居している 58万円

1-2.扶養控除の手続き

扶養控除を受けるには「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」という書類を提出する必要があります。年末調整の際に会社に提出しましょう。なお、転職した場合は最初の給与が支払われる前に提出します。

2.配偶者控除とは

配偶者が一定の要件を満たすと配偶者控除、あるいは配偶者特別控除を受けることができます。配偶者控除や配偶者特別控除について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ブログ運営者

「好きなことで生きるためのブログ」の運営をしております、辻田将信と申します。私はもともと東京のIT会社に勤めていましたが、副業としてブログに取り組み、副収入が得られるようになりました。ブログからの最高月収は70万円以上です。

それだけあれば生活に困らないと考え、会社を辞めて妻と2歳になる息子と一緒に新潟県の佐渡島に移住しました。会社には勤めず、家族3人でのんびりと田舎暮らしを楽しんでいます。

私はブログに取り組むことで自由な生活を手に入れることができました。ブログに取り組んで本当に良かったと思います。もしあなたが今の人生に満足していないのであれば、ブログに取り組むことで私と同じように人生を変えられるかもしれません。

私がブログ副業で稼げるようになった経緯やブログを通して得たものについて、以下のページにまとめました。ブログで収入を得て自由な生活を手に入れたい方はご参考にしていただきますと幸いです。

ブログ副業で稼ぐためのQ&Aメルマガ

ブログ副業で稼ぎたい方はQ&Aメルマガにご登録ください。Q&Aメルマガでは読者様からの質問に対する回答をメルマガで配信しております。登録料はかからず、無料で何度でも質問することができますので、お気軽にご活用ください。専門用語の意味やツールの使い方など、一般的な質問だけではなく、以下のような個別の質問でも大丈夫です。

【 ご質問の例 】

・〇〇というブログを運用しているのですが、どうしたらアクセス数を伸ばせますか?

・〇〇という検索キーワードで上位に表示させたいのですが、どうしたら良いですか?

・〇〇というジャンルのブログを作り収入を得たいのですが、どうしたら良いですか?

なお、質問と回答の内容について、メルマガの読者様に共有させていただきますので、ご了承のほどお願いします。メルマガの読者様に質問と回答の内容を共有したくない場合はブログ相談サービスという有料のサービスがございますので、こちらをご利用いただければと思います。ブログ相談サービスについて詳しく知りたい方は「ブログ相談サービスの概要」をご覧ください。

また、メルマガの登録者様に「ブログ副業で成功するための7つのポイント」という小冊子を無料でお渡ししています。ブログ副業で成功するために最低限押さえておく必要のあるポイントについてご説明しておりますので、ご参考にしていただきますと幸いです。

Q&Aメルマガのお申込みフォーム

ブログ副業で成功したい方、ブログ副業についてご質問したいことがある方は以下のフォームに必要事項をご記入のうえ「送信する」ボタンをクリックしてください。登録料はかからず、無料で何度でもご質問いただくことができますので、お気軽にご活用いただきますと幸いです。

必須

(例:山田太郎)

必須

(例:sample@gmail.com)

任意

(質問事項がない場合は記入しなくとも大丈夫です)

テキストを入力してください

ブログ支援サービス

ブログに取り組みたい方やブログのパフォーマンスを上げたい方向けに以下の4つのブログ支援サービスをご用意しております。詳細について知りたい方はサービス名をクリックしてください。

サイドメニュー